長くきつかった家での生活

学校を辞めて、無気力で…自分はだめだって何度もいい聞かせてしまって、あいの世界はどんどん暗くなっていった…

とにかく考えないように毎日マンガ読んだり、ゲームしたり、

そしてあいと同じように学校を辞めた子の話をききたいからネットでそうゆうページをひたすら検索していました。

同じような子がたくさんいるって励ませれたりもしたけど、テレビで女子高生とかをみるとやっぱり気持ちが落ち込んだな。。。

パパとママと話したくなくて、だれとも会話をしないときもたくさん。。。親戚の集まりとかもいやだった。だからもちろん不参加…。おばさんやおじさん、いとこに会いたくなかった。

とにかく人に会いたくなくなるでも!だれかと会いたい!自分の気持ちがわからなくなっていた。(´・ω・`)そんなとき心の糧になったのがネット。

ネットと言うかネットを通して同じことで悩む子たちと話せること。

不登校でブログをしているの子とかのブログを読むのが日課。

コメントを書いて、やりとりすることもたまになって、それが心の拠り所になっていた。

【共感】それが一番心を支えてくれた(。・_・。)♥わかってくれる、同じことで悩んで苦しんでいる、共感できる同世代の存在がだれよりも心の糧になっていてだいぶ心が楽に救われた

【一人ではない】とあいと同じような環境で頑張っている子もいるってなんていうか勇気ももらえた

すこしずつだけど自分を責めること、後悔することが減っていった、こうゆうふうに思えるまでの3〜4ヶ月かかったけどよかった!

フェイスブックでコメントを送って連絡をとるようになった、不登校で1つ上のみさきちゃんと言う子とよく連絡を取っているようになり、

みさきちゃんのフェイスブックの投稿から、楽しそうな学校生活の写真も多くて、少しずつあいもまた学校に行こうと気持ちが傾いていっていた(*^^*)

みさきちゃんもはじめはあいと同じように落ち込んだらしいけど今は気持ち切り替えて通信制高校に通っているらしい!

そしてなんだかとても楽しそう!

そんなみさきちゃんのフェイスブックをみているうちにだんだんとあいも学校に通いたい!前向きにトライしていきたい!って気持ちが生まれてきた(*^^*)

パパとママにも相談したら、賛成してくれて、「応援してくれる」と言ってくれました☆